野生系女子、山にかえる。

山登りとか狩猟とか田舎暮らしとか。

久々の登山は山ガールとヤマメシデート。

10月にkyompiと高妻山へ行って以来の登山をしてきました。
今年初登山です。しかも山頂踏んだのは9月にこれまたkyompiと行った雨飾以来。約半年ぶりですね。久しぶりすぎて前日持ち物がわからなすぎてググりましたよ。


今回は一週間前に紹介していただいたばかりの山ガール様とデート。
ねいちゃーもたまには女の子と一緒に登ることもあるんですよ!LINEで数回メッセージをやりとりしただけで紹介元から聞いた情報しかなく実際のレベルもわからないし私自身も半年ぶりということで行き慣れた戸倉山に行ってきました。


ちなみに前日、弟くんも戸倉山へ行ったそうです。ハンモックとスキー担いで。うらやますぎる。


山ガール様がスノーシューもってないので私のスノーシューを貸し出し私はカンジキ。
これ登りは大丈夫なんだけど登山靴だとつま先が入らなくて下りで何回も外れた。
やっぱりかんじきには長靴ですね。ちなみにすれ違ったひとはほぼカンジキでした。


途中メープルシロップの採取に来ていた某山荘の社長さんに遭遇しました。さすが市民の愛する里山。噂のメープルシロップ、私も食べてみたいです。


登り始めは曇ってて山頂も見えなかったのだけどゆっくり歩いてるうちにだんだん日が出てきて頂上につくことには快晴。遅く出た私達がこの日一番の当たりを引いたようです。
この山、天気がいいと付近の山々や北アルプス、戸隠などなど360度の大展望なんです。
写真撮ってなかったけど。


2時間ほどかけてゆっくりのぼって大展望を楽しんだら本日のメインイベント、ヤマメシタイム。


ねいちゃー担当の猪鍋。

一晩味噌で漬けたイノシシとカット野菜でお手軽、そして満足度高い。味噌鍋は残雪期登山にピッタリですね^^使い捨てのアルミ箔鍋、使い勝手よくて良いですね。


山ガール様担当のぜんざい。になる前の餅。

山で餅焼いたの初めて。1人二個だけどぜんざいに一個、猪鍋に一個入れました。甘さが体に染みます。しかもフルーツまで出てきて山ガール様、女子力高いです。


ポカポカの日差しの中、美味しいものをお腹いっぱい食べて大満足。
初対面の山ガール様もとっても良いお人でよかった。こんな私だけどまた一緒に登ってくれたら良いな。


今回初めてザンバランのジョラスをおろしたのだけどいつもみたいに早く登山靴から開放されたい!って感じがぜんぜんなくて良い感じだった。
それが雪山だったからなのか距離が短かったからなのかわからないけど。かかとが立体的になってるっていうのが大きい気がする。早く夏山でも試してみたいなぁ。


体力の衰え具合も把握できたし今週もう一回山に登ろう。夏山に向けてミートテックを脱ぎ捨てなければ…




ねずみとの戦い。

この記事には人によってはあまり見たくない写真が含まれております。動物の死骸に耐性がない方はそっと閉じてください。


我が家は20年以上空き家だったせいかいたるところにネズミがあけたと思われる穴がある。


引っ越しの為に掃除してたときも元々おいてあったゴミ箱のゴミを捨てるために手を突っ込んだら白骨化したネズミがでてきてびっくりしたこともあった。


以前友達のkyompiが数日居候してた時に初めてヤツの姿を確認したのだけどそれ以来見てなかったし特に被害もなく金網式の罠もホイホイもかけたけど捕まらなかったので放置してた。


それが一ヶ月くらい前、台所で料理をしていると寝室で遊んでいた二世の叫び声が聞こえ何事かと思ったら開けてた戸の隙間からネズミが入ってきたと言うじゃありませんか。

しばらくじっとしているとタンスの裏からちょろっとでては引っ込むネズミが。


さすがに寝室は恐怖なのですぐにホイホイを持ってきて仕掛ける。入り口を全部閉じて通り道を限定してそこにホイホイをかけたら30分後、ホイホイから尻尾が見えてる。無事捕獲完了。ついでに半年放置してたホイホイも見てみたら一匹かかってた。

いつからかかってたんだろう、冬だから腐らなかったのか最近なのか…


そして今日。寝室でスマホ漫画を読んでたら視界にちらっと動くものが…!またタンスからネズミが覗いてる!!!


同じ方法でホイホイを仕掛けて様子を見ているとネズミがでてきた。めっちゃこっち見てる、目があってる…負けてたまるか!とガン見していたらまたタンスの後ろに隠れていった。

やっぱり警戒してるらしい。仕方ないので電気を消して狸寝入りする。


ガサガサってゴミのビニール袋の音とか何かが動き回ってる音がして怖すぎるよ。


恐る恐るネズミの通り道をみるとまさにホイホイまであと少しのネズミ。


こちらの気配に気づいてまたタンスに逆戻り。


くやしい!!もうちょっとだったのに…


再び狸寝入りして今度はなにやら暴れてるような音がする。電気つけて確認したところかかってる!ホイホイの中で暴れてる!


というわけで本日のネズミも捕獲完了。



一体今我が家には何匹のネズミがいるんだろう。こないだ下の物置から雪の上に点々とついてた足跡もリスかと思ってたけどねずみだなきっと。


毒餌は死骸そのへんで見つけたら怖いしなんか屋根裏とかで腐られても怖いしホイホイは捨てるのちょっと怖いし超音波はお高い。実家の猫はネズミ捕まえるの得意だけどうちに連れてくるとすぐ逃げ帰っちゃうし。なにかいい駆除方法ないかなーと考えるねいちゃーなのでした。


※ちなみにイノシシとかタヌキとか狩猟鳥獣は平気で触るのに?っておもうかもしれないけど自分の縄張りに他の動物が入り込むというのは恐怖なんです。きっと野生獣も山に入る人間に同じ気持ちを抱いてると思うのですが。たぬきとかもいるはずのない家の中にいたら怖くて逃げると思います。食べない動物を捕るのは不本意なのですが平和な生活の為です。ネズミさん安らかに…

テンの皮をなめす。前編

父がどこからかテンをもらってきた。

テンは食べてもおいしくないので父もやったことのない皮なめしをしてみることにした。


やり方は色々なサイトを参考にさせていただきました。

ここではざっくり説明します。

※初めてのなめしなのでうまくいくかどうかはわかりません。


1.毛皮を洗う


中性洗剤で数回もみ洗い。汚れを落とします。エ○ールで洗ったんだけど洗いたての犬の匂いになりました。

犬用シャンプーとかでもいいのかな。


洗ったあとは絞って水気をきる。


こんなかんじになりました


2.裏すき

このままではカビたり臭かったり腐ったり?するそうなので余分な脂やタンパク質を削ぎ落とします。


これが結構大変。父と交代しながら。

 

板の上でやろうと思ったらやりにくかったので一升瓶にかぶせてやりました。最初はナタでやってたんだけどナタでは細かいところがやりにくかったので後半は切出しナイフで。


3.もう一度エ○ールで洗う。

洗濯板でめっちゃゴシゴシする。脂っぽさがなくなって革っぽくなってきた


4.ミョウバン液を作る

今回は焼ミョウバンを使ったので焼ミョウバン二袋(120g)を240mlの水と一緒に鍋にいれ加熱して溶かし、鍋ごと雪の中で冷まして生ミョウバンを作った。

固まったミョウバンの鍋に塩150gと水1.5Lを入れて再び加熱して溶かしてミョウバン液の出来上がり。テンくらいならこの量で十分そうです。

 

5.ミョウバン液に浸す

作ったミョウバン液をバケツに移し、常温に冷めたら毛皮を漬ける。浮いてくるので重しをのせるといい。


この状態で一日一回撹拌して3日3晩?サイトによっては一週間つけるみたい。


とにかく絞った新聞紙みたいな感じになったらOKっぽい。

ここで前半の作業は終了。


なめしたら何にしようかな。