野生系女子、山にかえる。

山登りとか狩猟とか田舎暮らしとか。

銃砲所持許可を取得する。その③

教習射撃に行ってきた話


稲刈りやら狩猟免許試験やらで忙しく教習射撃に行ったのは11月。
弟くんと二人で一緒に受けることができたので弟くんに運転を任せ初めての射撃場へ!
今回行った射撃場はココ。



ついてそうそうトラブル勃発。





講師のおじいちゃん、なにしゃべってるかわからない(´;ω;`)




同じ新潟県民のはずなのに…ねいちゃーも普段かなりなまってるけど新潟の端と端では通じ合えなかった模様…。
最初にテキストを見ながらお勉強をするんだけどなにいってるかさっぱりわからない(´;ω;`)





お勉強が終わるととりあえずよくわからないけど銃の分解組み立てを一回やって早速実技へ。
そして何言われてるか全然わからないけどとりあえず撃ってみる。


パーン!


Σ(゚Д゚)




なにこれ。気持ちいい!!!!というか楽しいw



全然当たってないけどね。



初めての銃はとっても重くて反動もすごかった。


その後は講師のおじいちゃんにいろいろ教えてもらいながら100発くらい撃ったかな。
後半はどんどん撃っていかないと!100発撃たないと終わらないからね!と急かされながら撃つ。100発ってかなりきつい。銃の重さと反動にだんだん耐えられなくなってくる。事前に調べた他のサイトでは50発+25発の試験ってかいてたとこが多かったけど多分100発+25発の試験だった。領収証にも実包125って書いてあるから記憶は間違ってないと思う。





限界まで腕が上がらなくなって命中率も落ちてきたところで25発の試験。2枚当たれば合格なんだけど腕は上がらないし緊張で当たらない…
なんとか2枚撃って合格したあとは面白いように当たっていく。うん、メンタル大事。
最終的には多分8枚くらい当たったと思う。
この試験では実包異物の確認してるかとか撃つとき以外引き金に手をかけてないかとかも見られてるんだって。
いくら命中率が良くてもそれができてないと不合格になるので注意です。


緊張したけど合格してよかったー\(^o^)/


合格するとすぐに教習修了証明書が発行されます。


そして帰宅後…


痛い痛いと思っていた腕をみると…




なにこれ\(^o^)/


そりゃあ痛いよね。これで試験合格したなんてすごいじゃないか私w
講師のおじいちゃんが言うには銃が体格にあってないとのこと。でもたぶん構え方とかもだめだったんだろうなぁ。反動でほっぺたもちょっと痣になってた。


普段登山と仕事でゆる筋トレしてる程度じゃだめみたい。ちゃんと筋トレしないとね!


ここまできたらあとは所持許可の手続きです!次回に続く!








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。