野生系女子、山にかえる。

山登りとか狩猟とか田舎暮らしとか。

銃砲所持許可を取得する。その④

銃砲所持許可も大詰め。
教習射撃後は銃を決めて所持許可申請にうつるんだけどねいちゃーは引退するハンターさんの銃を頂くことになっていたので猟期が終わるまでの間は申請をすすめることができず2016年GW明けから申請をはじめました。


ガンロッカーを設置する

GW、銃を譲ってくれる方がガンロッカーも譲ってくれるということで引き取りにいく。
が、急遽引っ越しをする予定になってしまい取り付け出来ず…。
7月に新居に越してようやく設置することができた。


設置場所は目立たない場所。ということで押入れの中

壁に固定しないといけないので下の方隙間できちゃった。




装弾ロッカーは父のお下がり。2ヶ月ほど外に放置してたら錆びちゃったけど。


こんな感じで設置完了。


銃砲所持許可申請をする

頂く予定の銃が銃砲店へ預けられているので銃砲店で譲渡等承諾書なるものを書いてもらったり精神科で再び診断書をもらったり(精神科の診断書も貰いに行くの4回目でお医者さんにも大変ですねとか言われたw)いろいろ書類を揃える。


必要な書類がこんなに…
・講習修了証明書
・教習修了証明書
・譲渡等承諾書
・同居親族書
・経歴書
・医師の診断書
・住民票の写し
・身分証明書
・写真×2
・銃砲所持許可申請書
・保管計画書


これプラス引っ越しをして住所が変わった私は変更届などなどさらに書類が増えました。
教習射撃が終わって1年以内なら省略できる書類もあるんだけど引っ越したので省略できず…



警察との日程が合わず書類をもって行ったのが8月の初め。
すっかり警察とも顔見知りになり取調室にも慣れてきた。


1時間半かかって書類をチェックして以前とまったく同じ面談。これまったく同じこと聞いてなんか意味あるのかな。この面談でも引っ越ししたので、なんで引っ越そうと思ったのか?いつから引っ越しを考えていたのか?その空き家を借りることになった経緯、家主との関係などなどかなり細かく聞かれました。親との関係が悪いとかそういうことですかね?実家から徒歩数分なのに…面談自体は15分程度だった。


その翌週には警察のお家チェック。ガンロッカー、装弾ロッカーがしっかり設置できているか見に来てもらいました。これは所要時間10分程度ということで会社の昼休みに行いました。


これで審査をして一ヶ月程度で結果が出ます。
結果はもちろん合格\(^o^)/


無事に所持許可が降りました。


ここまでほんと長かった!これで合法的に銃を所持することができた!
あとは狩猟免許を取るだけ!
次回は狩猟免許取得編です!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。