野生系女子、山にかえる。

山登りとか狩猟とか田舎暮らしとか。

我が家のこと。

ねいちゃーは5歳の娘と実家ぐらしをしていたのですが銃を所持するにあたり実家では手狭なことに気づきました。
というのも弟くんも一緒にハンターを目指しているので弟くんと私、二人分のガンロッカーと装弾ロッカーを設置しなくてはいけません。
どんどん大きくなっていくねいちゃー二世(娘)にも自分の部屋がほしいと言われ、とうとう引っ越すことにしました!
とはいえ、シングルマザーなねいちゃーは父母の協力がないと仕事もろくにできないので実家から近いところじゃないとダメ。
実家から50mのところにあった空き家は家主さんに聞いたところ移住者に貸すからその人が出ていけばいいよとのことで当てにならないしあんまりいいお家だと家賃も高くなっちゃうし…


・・・





・・・・・・


あっ!あるじゃん空き家!お化け屋敷みたいだけど!

実家から急な坂道を登った先にある空き家。持ち主の方も知ってる方だったので貸してほしい旨を伝えたらうん、いいよと即答。


やったー\(^o^)/


お化け屋敷みたいだけど…


まぁなんとかなるっしょ。


ここ、もう十年以上人が住んでないのね。しかも超細い曲がりくねった道を上った先に一軒だけぽつんとあるの。


ちょっと下にご近所さんもいるんだけどココまではめったに上がってこない。
超豪雪地帯なのに家へ行く道までの除雪はされるかどうかもわからない。


冬は車無理だな…実家に車置いて通いかな…


という覚悟のもとこのお化け屋敷空き家を借りることにしました!


続く。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。