野生系女子、山にかえる。

山登りとか狩猟とか田舎暮らしとか。

野生肉の栄養価。

私の仕事は体操教室のコーチ。趣味は登山。
ということで栄養(特にたんぱく質)には結構敏感なのです。野生肉は栄養満点とよく言われますが実際どの程度なのか調べてみました。

カモ肉

カロリー  128g
たんぱく質 23.6g
脂質    3g
炭水化物  0.1g


栄養成分は高たんぱく低脂肪でビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、鉄、銅が豊富。


比較として鶏胸肉は
カロリー  191g
たんぱく質 19.5g
脂質    11.6g
炭水化物  0g


その他のビタミン・ミネラルなども鴨の方が高い。



ウサギ肉

カロリー  46kcal
たんぱく質 g20.5g
脂質    6.3g
炭水化物  0g


鴨肉ほどではないですがこちらも鶏肉に比べて高タンパク低カロリーですね。
やはり普通の鶏肉は脂質が多いんですね。


カモもうさぎもビタミンB12が飛び抜けて高いです。ビタミンB12といえば欠乏することで精神的に不安定になったり睡眠リズムが崩れたり、悪性貧血を引き起こしてしまう栄養ですね。


イノシシ肉

カロリー  268kcal
たんぱく質 18.8g
脂質    19.8g
炭水化物  0.5g


こちらは豚肉(カロリーが近い肩ロース)と比較
カロリー  253kcal
たんぱく質 18.1g
脂質    19.2g
炭水化物  0.1g


栄養素的にはそんなに変わらないようですがイノシシのほうがビタミンB12が豊富なよう。野生肉はビタミンB12が豊富なんですね。あと冬に捕獲したイノシシ肉の脂肪には豚肉の1.5倍ものコラーゲンが含まれてるんだって。 



鹿肉

カロリー  110kcal
たんぱく質 22.3g
脂質    1.5g
炭水化物  0.5g


牛肉(肩赤肉)と比較
カロリー  130kcal
たんぱく質 20.4g
脂質    4.6g
炭水化物  0.1g


こちらも脂質が少ないですね。



その他ジビエ全体の特徴としては鉄分が豊富、オメガ3系の脂肪酸が豊富らしいです。
オメガ3といえば加齢による女性ホルモンの減少も抑えてくれるらしいです。



まとめるとジビエは高タンパク低脂質でダイエットに最適。かつ美容や精神安定にも効果的。鉄分も多くて貧血にも効く。
ジビエブームなのもうなづける結果です。私も最近野生肉の多い食生活をしていたせいか貧血による毎日の立ちくらみ、めまいから開放されました!
なによりやっぱり野生のお肉は味が濃くておいしい。一匹一匹味が違うのも楽しみ。
一度食べたらコンビニの唐揚げが食べられなくなります!(昨日食べてあれ?これ肉?って思った)
でもどんな健康法もそうですが一日だけやっても意味が無いので継続的にジビエを食べる必要がありそうですね。
女性の皆さん!時代は野生肉ですよ!さあ、貴女もlet's hunting!!



今回こちらのサイトで栄養素を調べました。
普通のお肉だけじゃなくてジビエも網羅しているのがすごいですね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。