野生系女子、山にかえる。

山登りとか狩猟とか田舎暮らしとか。

猪の脂。

先週の金曜日、隣の谷で捕れたというイノシシを頂いた。
頂いたお肉にはほとんど脂がついていなかった。



そういえば先日某番組でジビエをやっていたときに父が「南信州のイノシシはうまいんだよなぁ。なんでかこっちのイノシシは全然脂がないんだよなぁ」と言っていたのを思い出した。
確かにテレビとかネットでよく見るイノシシは脂が凄い。でもこの子は極端に脂が少ない。雪が多くて寒いから脂肪を消費してしまっているのか、食べるものが違うからなのか…雪深い地域のイノシシってみんなこうなのでしょうか?
翌日私が撃ち取ったイノシシもほとんど、というか全く脂身がなかった。
ジビエのクセって脂なのだと思っているのだけどこのイノシシはジビエ特有のクセが全くない。牛肉って言われてもわからないくらい。その上煮ても焼いてもとっても筋っぽくて固い。私の調理の仕方がだめな可能性もあるけど。


できることなら美味しく食べてあげたいと思うのだけど圧力かけて角煮にするとフレーク状になってしまったり焼くと固くて食べられなかったり。(食べるけど)
薄く切ってハヤシライスにしてみたけど二世は噛み切れずに10分位もぐもぐしたあと口から出して少しずつちぎって食べていた。


この筋っぽいお肉を美味しく食べる方法をご存じの方がいたらぜひご教授願いたいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。